レコメンド画像4

仕事

ビジネスで成功するための8つのキーワード【成功者は必ずやっている!】

ビジネスで成功したい!と考えている人も多いことでしょう。ビジネスで成功して富と名声がほしい、あるいは長年掲げている夢を実現したい、などという人もいるかもしれません。しかし現実は、なかなか厳しく簡単にはビジネスで成功できません。

「思考は実現化する」とばかりに「ビジネスで成功したい・・」などといくら念じても、簡単に願いが叶うことはありません。念じるだけで成功するなら誰も苦労しません。なぜ簡単に成功できのないかと言うと、それは成功するための正しい方法を知らないからです。

そこで、この記事では

ビジネスで成功すために何が必要なのか?
ビジネスで成功している成功者の共通点はなに?
ビジネスで成功する為に何をすればいいのか?

という方に向けた内容となっています。

ビジネスで成功するための絶対条件

例えば、船旅をするのに海図がなければ漂流してしまうように、成功も成功の地図がなければ人生という海に漂流してしまいます。では、どうしたらビジネスで成功できるのでしょうか? 答えは「成功のベクトルに乗ること」です。

ビジネスで成功を目指している人が知るべきキーワード

成功のベクトルに乗りさえすれば、途中で失敗しても、ビジネスは成功へ向かっていけます。そして成功のベクトルに乗るには、成功のキーワードを知る必要があります。そこでこの記事では、そんなビジネスで成功を目指している人が知るべきキーワードをご紹介します。

ビジネスで成功する為のキーワード(1)“情熱”

まず成功するために大前提となってくるのが「情熱」です。情熱は、自分の好きなことに対して注ぐ熱意です。自分の好きなことであれば、何があろうとやめません。仮に大失敗したとしても、好きならまたチャレンジするはずです。

経営の神様と呼ばれる松下幸之助は、「失敗したところでやめるから失敗になる。成功するまで続ければ、それは成功になる」と言っています。

つまり才能があっても、知識があっても、能力があっても、やめたらそこで終わりなのです。逆に言えば、才能がなくても、知識がなくても、能力がなくても、情熱が注げるものであればいつかは成功するのです。ビジネスにおいて情熱はすべての「源泉」なのです。

ビジネスで成功する為のキーワード2)“努力”

ビジネスにおける成功に必要不可欠なものとしてあげられるのが「努力」です。努力なくして成功はあり得ません。しかし成功者の努力は、成功していない人の努力とは意味が違います。

実は、成功者たちはいちいち「努力をしている」とは思っていません。ただ好きなことをしているだけなのです。それを周りが「努力している」と言っているだけに過ぎません。

手塚治虫は、死ぬ直前まで病床のうえで漫画を描き続けていたとも言います。マイクロソフト生みの親ビル・ゲイツは、世界の富豪と呼ばれるようになってからも7年で15日しか休みを取っていないそうです。

彼らも、努力してそうしようと思っていたわけではなく、好きなことに没頭し熱中するあまり、気がついたらそうなっていたということでしょう。それが傍目から見れば「努力している」と映るということであり、結果的に成功に繋がるのです。

ビジネスで成功する為のキーワード(3)“集中”

小学生の時、太陽光を虫眼鏡で集めて黒い紙を燃やす実験をしたことがあると思います。光の当たる場所が大きいと紙は燃えず、光を一点に集めると紙は燃え出します。

ビジネスでの成功もこれと同じく、あれもこれもと手をつけるのではなく、一点集中させることで燃え出すのです。そうなると「自分が集中できるものは何か」を探す必要があります。それを見つけるには「広い視野から絞り込んでいく」ということがポイントとなります。

広い視野とは、一点集中とは逆の「たくさんの分野に触れる」ことです。やりたいことを手当たり次第にやっていき、自分がつい没頭してしまうことに「自分の集中できること」が潜んでいます。自分が集中できることを見つけたら、後は集中できる環境をつくればいいのです。

ビジネスで成功する為のキーワード(4)“鼓舞”

ビジネスで成功するには、モチベーションを維持しながら
続けることが重要です。そしてモチベーションを維持するためには「自分で自分を鼓舞すること」が必要になってきます。

伝説の経営コンサルタント、ピーター・F・ドラッカーは「自分を奮起させるんだ、そして頑張って頑張り通す、そうすれば必ず結果が出る」と言っています。

成功者は概して孤独です。逆境の中、自分を奮い立たせ、自分で自分の背中を押すことで限界突破することができるのです。「やめないことが成功への道」とも言われるように、大きなことを成し遂げるには自分に負けないことです。自分に負けてしまったら、すべてそこで終わりになります。自分をうまくコントロールすることがやめないコツなのです。

ビジネスで成功する為のキーワード(5)“発想”

成功に欠かせないものがあります。それが「発想」です。成熟してしまった社会に必要なのは、斬新なアイデアや既存にない発想をすることです。しかし、アイデアは簡単にひらめくものではありません。そこで有効な方法が2つあります。それは、

✔︎ 問題から考える
✔︎ 人の話を聴く

です。問題から考えるとは、日常に発生する問題をもとにアイデアを発想することです。普段感じている不満や、「もっとこうなればいい」と思っていることを題材に発想します。

人の話を聴くとは、人の不満や抱えている悩み、欲望などをもとにアイデアを発想することです。人が話すことは、よっぽど興味がない限り、聴くことはできません。しかし、そこに成功のヒントがあるのです。

ビジネスで成功する為のキーワード(6)“PDCA”

ビジネスで成功するためには、成長していく必要があります。現状維持では、いつまで経っても成功することはありません。効率よく成長していく手法として有名なのが「PDCAサイクル」です。

PDCAサイクルとは、
Plan(計画)
Do(実行)
Check(評価)
Action(改善)

の頭文字をとったもので、生産管理や品質管理などの業務管理を
改善していく手法のことです。このPDCAサイクルを繰り返していくことで、成長できるのです。

天才発明家トーマス・エジソンはこう語っています。「どうすればこれを改善できるだろうかと考えることをしなければ、何一つ手に入れることはできない」と。エジソンは、約2000個ものフィラメントを試しては失敗、試しては失敗の繰り返しでようやく、低価格で効率的に生産できる「電球」を発明しました。

これはエジソンが計画し、試して評価し、改善を繰り返すというPDCAを繰り返した結果、大成したものです。このことからも、PDCAサイクルを繰り返すという継続的改善を行なうことがビジネスにおける成功への道と言えそうです。

ビジネスで成功する為のキーワード(7)“やり抜く”

成功者はみな粘り強く、あきらめない性格の持ち主が多いです。成功は、成功するまで成功とは言えません。一瞬で叶う人もいれば、長い道のりになる人もいます。このことから、粘り強く、あきらめないという「やり抜く力」が必要になってくるのです。

やり抜く力とは、「根性」や「気合い」とは対極にあります。やり抜く力は、どうしたら手に入るのでしょうか?それは「継続すること」です。どんなことでも継続し続ければ必ず結果が出ます。

結果が出ればモチベーションも上がり、また続けることができるのです。「どうしたら継続できるか?」を考えることが、やり抜く力を手に入れる方法なのです。一発逆転の大勝負を狙うより、自分のできる範囲のことをコツコツとこなすことで淡々とやり抜くことができます。

ビジネスで成功する為のキーワード(8)”人の役に立つ”

ビジネスにおいて成功することは、決して一人では達成できません。誰かに応援されなければ、ビジネスで成功できないものです。

しかし、誰かに応援されるには、自分が先に誰かの役に立つことです。手っ取り早く人の役に立つには、「価値を提供する」ことです。では、具体的にどんな価値を提供すればいいのでしょうか?その代表例として次の4つがあげられます。

① 専門性

② 情報

③ 問題解決

④ 娯楽性

①の専門性とは、その業界の技術や知識の専門性の高さのことです。一定の水準より高い知識や技術には価値があります。

②の情報とは、質の高い情報のことです。スマホなどの端末ですぐに情報が手に入る時代において、質の高い情報は価値があります。

③の問題解決とは、誰もが抱える悩みや問題を解消してくれる方法やノウハウのことです。問題は誰にでも、どこにでも発生するので、それを解決することに価値があります。

最後に④の娯楽性とは、ドラマや音楽、読み物など、人々を楽しませるものです。人が感動するものには価値があります。

これら価値に共通することは、誰かが望んだものを「現実化すること」です。現実化させ、形にすることで人の役に立つようになるのです。

ビジネスで成功するためのまとめ

✔︎ 自然と情熱を注げることをやる
✔︎ 自然と努力してしまうことをやる
✔︎ 自然と集中してしまうことをやる

成功するには、自然とやってしまうことが重要なのです。義務的にやったとしても長くは続きません。ついやってしまったことに成功のヒントがあるのです。

一発で終わってしまう成功は、本物の成功ではありません。本物の成功とは、成功という状態が長続きすることです。特にビジネスにおける成功とはそういう状態でなくてはいけません。

ビジネスで成功が長続きするとは結果重視ではなく、つまりプロセス重視ということになります。大きな結果だけを出すのではなく、プロセスの中で小さな結果を出していくことがビジネスにおける本物の成功なのです。

成功するには、自分という飛行機を操縦するかのように、自分を成功に向けてマネジメントする必要があります。「目的地はどこなのか?」「どの方向へ飛ばしたらいいか?」「遠くまで飛ばすには、どうしたらいいか?」というように、具体的に自分をアプローチすることが重要なのです。

投資やビジネスで成果を出しているマネー研究者の杉田卓哉が書き下ろした、100年先も変わらないお金の稼ぎ方e-book『遊びながら稼ぐ!人生を謳歌する方法~過労死寸前!ブラック企業サラリーマンが脱サラして17億円の社長になった4つの秘密~』(52ページPDF)を期間限定で無料公開中。読んでみたい方はこちらから。
http://sugitaya.net/ijje3a97

ビジネスパーソンがスキルアップするための5つの方法と3つの失敗の捉え方

意識の高いビジネスパーソンの中には、日頃からスキルをアップし成長することに対して感度が高い人も多いことでしょう。

✔︎ もっと成長したい
✔︎ スキルアップし成長するにはどうするべきか?
✔︎ 早く成長しなければならない

などと常に考えている人に向けて、成長とは何か? 成長するためにはどうしたら良いのか? という命題について、5つの方法と3つの失敗の捉え方という切り口で答えを深掘りしていきます。

ビジネスパーソンとしてスキルアップし成長するための5つの方法

ビジネスパーソンとしてスキルアップしもっと仕事ができるようになりたいーー
そう思った時が成長するチャンスです。

この時、仕事IQと呼ばれる仕事ができるようになるための能力を高めることで、デキるビジネスパーソンになることができます。

幸い、この仕事IQはテクニックさえ知れば、すぐにある程度高めることができます。以下、その具体的な5つの方法を解説します。

会話力を上げる

仕事IQを高めるためにはまず会話力が必要です。会話力を高める訓練としてアクティブリスニングがあります。

アクティブリスニングとは、アメリカの心理学者カール・ロジャースが提唱したもので、相手の言葉を率先して傾聴する姿勢や態度、聴き方の技術のことです。

アクティブリスニングは“ただ聴くだけ”ではなく相手のニーズを聴き出し信頼感を得るのが目的です。相手は自分に関心を寄せていることがわかると信頼します。

信頼関係が成り立てば、こちらの言い分も聞いてくれるようになるのです。まずは相手の信頼を得る聴き方がポイントになります。

競争に打ち勝つ

ビジネスパーソンが競争社会、実力主義と言われる現代で仕事IQを高めるには、やはり“競争に打ち勝つ力”は必須です。その心構えとして重要なのが危機感を持つことです。

では、なぜ危機感を持つことが重要なのでしょうか? それは生存競争への危機感こそが人を成長させるからです。

このことは自然界を見れば一目瞭然で、弱い種は強い種に食べられてしまいます。人間界も同じく、弱い者や危機感の薄い者は搾取される弱肉強食の世界です。危機感を持つことで事前に手立てが打てるのです。

昇進する

仕事IQを高めるには、楽しい仕事をする必要があります。組織に属しているのであれば、出世を目指さなければ永遠に“楽しい仕事”はできません。昇進するための方法が次の2つです。

① 期待値を超える

期待値を超えるとは、給料、ポジション以上の仕事をし、クライアントや上司の期待を超えることです。期待通りにやるだけでは「平均点」なので昇進に直結しません。期待値を1%でも上回ることで昇進の可能性が出てきます。

② 自分がいないと仕事が回らない

大抵、大組織になればなるほど、ビジネスパーソンや重要なポストの人でさえ、その人がいなくても仕事は回ります。

自分がいないと本当に仕事が回らない状態になっているということは、あなたが会社にとって必要性が高いことの表れです。逆に、あなたがいなくても「別にいいや」と思われる人が昇進することは皆無です。

正当に評価されないと思う前に、まず力を出し切るということが大切なのです。人は実力を出し切ることで成長していくのです。

やり抜く力をつける

成功しているビジネスパーソンは概して粘り強く、あきらめない性格の持ち主が多いと言われます。“やり抜く力”の原動力となるのが使命感です。

使命感とは、自分が働く理由に納得していることです。「この仕事を通して社会貢献と日本経済回復の牽引を担う」という使命感がある人は、自分の働く理由に納得しているのでおいそれとあきらめません。

「契約だと私の仕事はここまでなのでそれ以上の仕事はできません」というような使命感のない人は、自分の働く理由に納得していないのですぐに諦めてしまいます。

この仕事に対する使命感の違いが、やり抜ける人とあきらめてしまう人、成功者とそうでない人との差となるのです。

ワンランク上を目指す

仕事IQを高めるには、常に上昇志向でなければなりません。上昇志向になるには「高いビジョンを掲げる」ことが重要です。高いビジョンを掲げることで、相互作用として結果も高くなるからです。

棒高跳びの選手が「5m」を目標にしていたら、“5m以上”になることはありません。6mを目標にしていれば、あっけなく“5m以上”を超えてしまうでしょう。目標は高ければ高いほど着地点も高いところになるのです。

「部署の売り上げ目標を達成する」から「会社の売り上げ目標を達成する」にしただけで、出せる結果は大きく異なります。さらに「社会」や「世界」に目を向けることで、また結果は違ってくるでしょう。

ビジネスパーソンが成長するということ

娘の絵本に『おおきくなるっていうことは』というタイトルがあります。子どもが成長するに従って、身の回りのものが小さくなったり、自分より小さな存在に優しくしたりする成長を喜ぶ教育書です。

意識の高いビジネスパーソンであれば、人一倍「成長する」ということに敏感ではないでしょうか? ここでは成長とは何かについて改めて考えてみました。

スキルアップの2つの種類

ビジネスパーソンがスキルアップして成長するには、少しずつ変化する成長と、一気に変化する成長の2種類があります。少しずつ変化する成長を連続的成長とよび、一気に変化する成長を非連続的成長とよびます。

この連続的成長と非連続的成長は、イノベーションを研究するプロセスにおいて生まれた概念です。経済学者ヨーゼフ・シュンペーターはイノベーションの定義をこう述べます。

「いくら郵便馬車を列ねても、それによって決して新しい鉄道を得ることはできない」と。つまりイノベーションには非連続的成長が大きく関係しているということになります。

成長のメリット・デメリットの分類

では連続的成長では革新的なものが生み出されないのでしょうか? ここで双方のメリット・デメリットを比較します。

連続的成長のメリット

・努力した分だけ成長する
・着実に成功する

連続的成長のデメリット

・ある程度までくると成長が止まる
・一気に成長できない

非連続成長のメリット

・一気に成長する
・ステージレベルが上がる

非連続的成長のデメリット

・日々の努力で成長を感じられない
・結果が出ないのでやめてしまう

連続的成長は一気に変化しませんが、着実に変化してきます。一方、非連続的成長は日々の変化は感じられませんが、伸びる時は一気に伸びるという特徴があります。

一気に成長する

成熟社会において成果を出すためには、イノベーションが必要です。イノベーションを起こすためには、非連続的成長がポイントになってきます。そして非連続的成長を起こすためには、日々の努力が欠かせません。日々の努力の積み重ねで、一気に伸びる時が来るのです。

しかし、努力がそのまま報われるほど、世の中は甘くありません。一気に伸びる時が、数年後かもしれないし、永遠にやってこないこともあります。

ポイントは、やりきることです。今の仕事をやり切った上で、非連続的成長が来なければ勝負すべき土俵を変えるのです。完全燃焼してやりきることで、次の土俵で勝負できます。

大成するには?

仕事IQの最終目標は成功することです。成功といっても小さな成功ではなく「大成」することです。では、どうしたら大成することができるのでしょうか?

それはステークホルダーに気持ちよく働いてもらうことです。ステークホルダーとは、利害関係者のことで従業員はもとより、株主、債権者、取引先などを指します。大成するには自分が多少損をしても、まわりの人に得をさせることがカギとなります。

生き残りをかけたビジネスの世界では、人はどうしても“自己中”になりがちです。いかに自分が得をするかを考えてしまいます。

しかし自己中心的な考えでは、人もお金も“天井”が決まってしまいます。ステークホルダーに得をさせ「あなたのためなら一肌脱ぐ」と思わせることが最終的に自分にプラスとなってくるのです。

ビジネスパーソンの失敗の3つの捉え方

人は誰でも失敗します。あなたは仕事で失敗した時どんな反応をしていますか? 実はこの失敗の受け止め方で、その人が成長するかしないかが決まります。

失敗をポジティブに捉える

成長する失敗の捉え方は、ポジティブであることが大きく関わっています。これを心理学で拡張的知能観といいます。

拡張的知能観とは、知能とは安定的ではなく統制可能である・・という考え方です。何か難しいことにチャレンジしても「自分にはできる」とポジティブに考えることです。

反対に、どうせ何をやってもダメだと考えてしまう人のことを固定的知能観といいます。固定的知能観は、知能は安定していて統制不可能である・・という考え方です。

失敗した時に、どうせ何をやってもダメだ・・と思ってしまうと、チャレンジしたり、努力したりする意欲を失います。状況は自分の努力によって変えられると信じている人は、成長しやすいのです。

失敗はビジネスの勉強代と捉える

チャレンジに失敗はつきものです。しかし誰だって失敗はしたくありません。そんな時は失敗はビジネスの勉強代と捉えると、失敗に対してポジティブになれます。失敗の裏側には「機会を与えてもらえた」というメリットが存在するのです。

失敗して恥をかいたとしても、それは勉強代として捉えれば儲けもの。何もしていなければ、その機会すらないのと同じです。成功であれ失敗であれ、自分が成長する機会を与えてもらったことにまずは感謝するべきなのです。

失敗を恐れていては成長は見込めません。子供の成長が早いのは、失敗を失敗と思っていないからです。いちいち落ち込まないから、グングン吸収します。大人も同じく、失敗の捉え方を変えればいいのです。

好きなことなら失敗してもいい

米国の喜劇俳優、ジョージ・バーンズは失敗についてこう述べます。「嫌いなことで成功するより、好きなことで失敗したい」

嫌いなことで成功してしまうと、その後の人生が嫌いなことで埋め尽くされます。それは本当の意味での成功とはよべません。逆に好きなことで失敗したら、そこで終わりにならないのです。好きなことでの失敗は失敗ではなく、ただの現象に過ぎないのです。

「ウサギとカメ」の話があります。あの話は「サボると負けてしまう」という教えですが、実は、裏面の教えがあります。 それが「何を目標にしているか?」です。ウサギは「カメに勝つことを目標にしていた」から負けました。一方でカメは「ゴールを目標としていたから勝てたのです。

つまり、ゴールだけを見据えていれば、その過程で起こることは、現象に過ぎないということなります。失敗にばかり気を取られてしまうのは、ゴールが明確になっていないことが原因かもしれません。

まとめ

仕事IQは、小手先のテクニックでは上がりません。貪欲に実力をつけることです。実力をつけるには「心構え」が必要です。主体性を持って動くことはもちろん、仕事の質にもこだわることで実力がついていきます。

ビジネスパーソンとして仕事IQを高めるには「高さ」にフォーカスすることも重要でした。「目標の高さ」「目線の高さ」「志の高さ」など、高いところに目を向けることで成果を出せるのです。

「自分にはできない」と制限をかけているのは他でもない自分です。「その程度ならできる」と思うことでハードルが一気に低くなります。高さを意識しながら自分を信じることで、仕事IQを高めることができるのです。

100%失敗しない方法など存在しません。そんな方法を探すより「失敗から何を学ぶのか?」という考えを身につけることです。

ところで成長とは、筋トレに似ています。自分に負荷をかけ、それを乗り越えた時に成長できるのです。筋肉は、限界値を超えないと大きくなりません。限界値を超え、それを乗り越えた時に、大きくなるのです。

仕事の成長も人間の成長も、負荷があってこそ伸びていくのです。これらを踏まえると、ライバルは他でもない自分です。自分に負けない限り、人はずっと成長していくことができるのです。

投資やビジネスで成果を出しているマネー研究者の杉田卓哉が書き下ろした、100年先も変わらないお金の稼ぎ方e-book『遊びながら稼ぐ!人生を謳歌する方法~過労死寸前!ブラック企業サラリーマンが脱サラして年商17億円の社長になった4つの秘密~』(52ページPDF)を期間限定で無料公開中。読んでみたい方はこちらから。
http://sugitaya.net/ijje3a97

フリーランスで独立して稼ぐための5つの原則と3つのリスク管理

いま、フリーランスを目指す人が増えています。フリーランスとは、特定の会社や組織に属さず、自身の技術やノウハウで仕事をとる個人事業主の総称です。

その人口はいまや1000万人以上いると言われ、フリーランスによる国内の経済規模は、20兆円を超えるそうです。

誰からも雇われることなく、自分の好きな分野で独立独歩の仕事をし、自由なライフスタイルを満喫しているフリーランスを見るとつい、「自分もフリーになって成功したい」と思う人もいることでしょう。


そこで、この記事では、
■フリーランスで成功するためのポイントを知りたい、
■どうすれば成功するのか具体的なアクションを知りたい、
■良い面だけではなくフリーランスのリスクについても知っておきたい、
という方に向けた内容となっています。

確かにインターネットの登場により、仕事の受発注や仕事の仕方が多様化し、それによって個人事業主でも企業相手に取引できる世の中になったのは事実です。

しかし、フリーランスになれば、誰でもハッピーに仕事をすることができ、しっかり稼いでいけるのかと言えば、実際にはそんなに甘くはありません。

特にフリーランスになって最初は安定した収入があっても、それを継続ないし拡大していくことは、並大抵のことではないからです。そこで今回は、フリーランスで独立して、しっかり稼いでいく方法についてまとめました。

フリーランスが増えている理由

働き方改革の影響

なぜ今、フリーランスになって働く人が増えているのでしょうか?それは、冒頭でも少し書いたように、働き方改革の影響で、個人や企業の意識が変わってきているからです。

「個人は自分らしく働きたい」という個人のニーズと、「人材不足の中、優秀な人材を確保したい」という企業のニーズがあり、その思惑が一致したため、フリーランスの増殖という現象に繋がっています。

クラウドソーシングの登場

クラウドソーシングの登場により、現在では個人対企業という働き方が普通になって来ました。個人は自分のやりたいことに特化でき、企業はやってほしいことだけをプロにアウトソーシングできるという、互いのニーズを満たしたスタイルです。今後、さらにフリーランスの活躍は様々なシーンで増えていくでしょう。

フリーランスになる3つの条件

それでは一体、どういう人がフリーランスに向いているのでしょうか?フリーランスになるには、次の3つの条件があります。

① 自分の価値を認識している
② 専門知識・技能がある
③ 成長に対する意識が高い

それでは、順に見て行きましょう。

① 自分の価値を認識している

①の「自分の価値を認識している」とは、自分の強みが何なのかを自分で理解しているということです。

自分の強みを理解していなければ、クライアントが求めるものとマッチしません。フリーランスは結果がすべてなので、この戦略が明確でなければなりません。

② 専門知識・技能がある

②の「専門知識・技能がある」とは、フリーランスは専門性の高さが売りです。そのためクライアントも仕事の一部をアウトソーシングするため、専門性の高さを求めます。

③ 成長に対する意識が高い

③の「成長に対する意識が高い」とは、フリーランスになると、自分一人で仕事を進めていきます。自分では弱点や短所を気づきにくいため、常に成長する意識が無ければ、時代に取り残されてしまいます。

フリーランスの3つのリスク

廃業するフリーランス

フリーランスになる人が増えている一方で、独立したあとに廃業するフリーランスの数も増えています。独立から廃業までの率は、1年で6割、5年後には7割、10年後には9割を超えると言われています。

この数字を知ってもまだ「本気で独立したい」と思えるような自信のある人なら、フリーランスとしても成功する可能性は高いでしょう。しかし、その前に知るべき「リスク」があります。そのリスクについて見ておきましょう。

フリーランスのリスク1・お金

フリーランスになる上でのリスクは色々ありますが、そのトップを飾るのは、やはり「お金」です。フリーランスにとって金銭面のリスクというのは「収入が不安定」になることです。雇われのサラリーマンとは違い、毎月の収入には変動があります。

フリーランスになると一般的に、3年~5年は収入が不安定になるといわれています。この対策として、一番収入が低い月を基準に生活費を設定することです。生活費を把握することはもちろんのこと、口座を生活費用と仕事用で分けて管理することも必須になります。

収入が不安定ということは「ローンが組めなくなる」ことにも繋がります。住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなど必要な範囲で独立前にローンを組んでおくことをお勧めします。

フリーランスのリスク2・健康

次なるリスクとしてあげられるのが、病気、ケガなどの健康面のリスクです。なにしろフリーランスになると、会社員とは違い、働けなくなったらそこで収入がストップしてしまいます。

そのためフリーランスになるとオンとオフの境がなくなり、無理をして仕事をしてしまうので、健康面には特に注意が必要です。

この健康面のリスク対策として、保険があります。国民健康保険に加入していれば、「高額医療費制度」を利用することができるため、万一のケガや病気の負担を軽減できます。その上でまだ足りないと感じたら、民間の保険に入りましょう。

フリーランスのリスク3・仕事上でのトラブル

フリーランスになるとトラブルもつきものです。会社員であれば、トラブルを会社全体で対応しますが、フリーランスになると自分が対応しなければなりません。

「取引先の会社が倒産した」「納品物に不具合があり取引先に損害を与えてしまった」など、さまざまなトラブルが発生した時、自分で解決する知識が必要になってきます。

取引先の倒産のリスクに備えるには、取り先を複数持ってリスク分散することです。複数の取引先があれば、仮に一社が倒産したとしても、他の取引先でその穴埋めをすることができます。連鎖倒産防止保険などを活用するのも良いでしょう。

取引先に損害を与えるリスクに備えるには、民間保険である「賠償責任補償」に入ることをおすすめします。業務中に起こった損害賠償責任を補償する保険です。

自分の身を自分で守ることがフリーランスになる絶対条件

このようにトラブルのリスクについても、知識や対応手段を知っておくことで、フリーランスとしてようやく独り立ちしていくことができます。

フリーランスは会社員とは違い、すべてのことを自分で対応しなければなりません。「フリー」といっても全てが自由ではありません。

独立したらさえスタートというわけではなく、あらゆるリスクに対応できるようになったら、そこで初めてスタートと言えるでしょう。自分の身を自分で守ることがフリーランスになる絶対条件なのです。

副業からはじめてみる

では、どうやったら安全に、フリーランスとして独立し、稼いで行くことができるのでしょうか?

もちろん、誰しも一度くらいは「独立したい」と思うことがあります。しかし、いくらフリーになっても、向いていなければフリーランスとして成功することはできません。

まずは副業から

そこで、おススメなのが、まずは副業から挑戦してみるということです。幸い、クラウドソーシングの普及により、本業を持ちながら副業できる時代になりました。

まずは副業からはじめ、自分の向き不向きを確認してからでも遅くはありません。副業から挑戦し、どんな成果が出るのかを試してみましょう。

バイタリティーと専門性

バイタリティーと専門性を突き詰める

「フリーランス」というと、華やかでカッコいいイメージがあります。しかし、フリーランスとは一言で言うと個人事業主です。つまり自分で経理から人事、総務にいたるまで、全てこなさなくてはならないのです。

これらをやり切るバイタリティーと専門性を突き詰める意識を持てる人こそが、フリーランスに向いているのです。

自分を売り込む方法

フリーランスになると営業も自分でおこなわなくてはなりません。もちろん営業機能をアウトソーシングする方法もありますが、まず最初のうちは受注が全ての始まりです。

そこでポイントになってくるのが「マーケット」と「ニーズ」です。マーケットとは文字通り市場のことで、自分が活躍できる業界の市場規模がどれほどなのかを理解しておく必要があります。

斜陽産業やマイナーな業界だとしたら、よほどの魅力がない限り売れないでしょう。ニーズとは需要のことで、物を手に入れる欲求や心理はどのようなものか?を理解しておく必要があります。

「夏になれば○○が売れる」「地方では○○が売れない」など、傾向を見極める力が必要になってきます。まずは、自分の強みがマーケットとニーズに合っているかを考えることが最優先されます。

今やっていることが大事

売り込みと聞くと、どうしても「新規開拓」を真っ先に考えてしまいます。しかし、もっと効率のよい利益の上げ方があります。それは、今やっている仕事を大事にすることです。なぜなら、今やっている仕事で取引先が満足すれば、リピーターになってくれるからです。

「5対25の法則」という法則があります。5%の顧客離れを改善することで、25%の利益がアップするという法則です。新規顧客を10人増やすより、10人のお得意様の顧客離れをストップさせるほうがメリットも大きいし、効率も良いでしょう。

まずは今、目の前の顧客を感動させることからスタートさせましょう。

価値を理解する

自分を売り込む上で、何をターゲットにするかを明確にしなければなりません。何をターゲットにするかの判断は、世間が必要としている価値で決まります。

自分のやりたいことや自分が得意なことが、イコール「世間が必要としている価値」とは限りません。

その場合、自分のやりたいこと、自分が得意なことを「世間が必要としている価値」に合わせていく必要があるのです。

まずは、時代やブームに適応できる柔軟な発想を持つことがポイントです。

まとめ

専門知識や魅力的なアイデアを持ってさえいれば、フリーランスになって必ず成功するというわけではありません。

そこには、理論が必要になってきます。理論とは、マーケットやニーズ、価値などを分析することです。理論を踏まえて柔軟に考え、時代に合わせることができれば、フリーランスとしてしっかり稼いでいくことができるのです。

お金について、より理解を深めたい方に向けて私が書いた『お金に追われる生活からいますぐ脱出する方法』という22ページあるPDFレポートを期間限定で無料公開しています。読んでみたい方は、以下のダウンロードボタンからお申し込みください。 https://en-joylife.net/dlbook-money/